2024年1月15日

外国人の会社設立について③

    経営管理ビザを取得するためには最低500万円以上の出資が必要です。 この500万円は見せ金ではダメで実際に用意する必要があり、出所まで問われます。つまり、この500万円はどのようにして集めたのかという[続きを読む]
2024年1月11日

外国人の会社設立について②

    経営管理ビザを取るための外国人の会社設立は、日本に住んでいる外国人の会社設立の方が少し簡単で、海外に住んでいる外国人が会社設立する方が少し面倒です。 日本に住んでいる外国人の株式会社の設立について説明[続きを読む]
2024年1月8日

外国人の会社設立について

    外国人のかたが会社を設立するパターンは概ね下記の3つだと思います。 ・母国で会社を経営していて、日本進出する ・日本でサラリーマンをしていて、独立起業をする ・留学生が卒業後に起業する 外国人が日本で[続きを読む]
2023年12月21日

技能実習制度の在り方に関する有識者会議最終報告書

    技能実習制度の在り方に関する有識者会議最終報告書が発表されました。 見直しに当たっての三つの視点(ビジョン) 国際的にも理解が得られ、外国人材に選ばれる国になるよう、以下の視点に重点を置いて見直しが行[続きを読む]
2023年12月18日

在留申請のオンライン手続

    こんにちは。 新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 在留手続きの申請がオンラインでできるようになりました。私も登録して、使用を開始しています。 まだ、申請情報入力時に途中保存できないとか、添付[続きを読む]
2023年11月30日

就労ビザについて

    実際には「就労ビザ」というビザがあるのではなく、日本で働くために勤務先の仕事内容に合わせた「在留資格」を取得します。 就労可能な在留資格は、身分系のものも含めて下記の通りです。 技術・人文知識・国際業[続きを読む]
2023年11月28日

在留資格申請での企業の4つのカテゴリー

    こんにちは。 新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 就労の在留資格を申請するにあたって(「技術・人文知識・国際業務」、「技能」、「経営・管理」「企業内転勤」など)、会社規模によって4カテゴリー[続きを読む]
2023年11月24日

配偶者ビザ申請時の必要書類

    こんにちは。 新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 私の周辺でも最近、会社で働きに来た外国人女性とお付き合いし、結婚に至った人がいます。今後日本で就労する外国人が増えてゆけば、日本国内で外国人[続きを読む]
2023年11月22日

帰化の要件について

    こんにちは。 新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 今日も帰化についてのお問い合わせがありましたので、簡単な要件をご案内致します。 ①継続して5年以上日本に居住していること(+3年以上就労して[続きを読む]
2023年11月21日

「技術人文知識国際業務」の実務経験要件

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 現在日本に滞在する外国人の10人に1人が、在留資格「技術人文知識国際業務」(技人国)を取得して滞在しています。昨日は学歴要件について見てみまし[続きを読む]
2023年11月20日

「技術人文知識国際業務」の学歴要件

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 現在日本に滞在する外国人の10人に1人が、在留資格「技術人文知識国際業務」(技人国)を取得して滞在しています。この「技人国」ビザの学歴要件はど[続きを読む]
2023年11月16日

特定行政書士考査に合格しました。

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 本日発表があり、無事合格することができました。 受験者数556名で合格率65.8%、凄いです。 〇受 験 者 数 556名 〇修 了 者 数 [続きを読む]
2023年11月6日

高度専門職ビザ:高度専門職、特別高度人材、高度人材

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 日本の地方出入国在留管理局において在留資格認定証明書交付申請の際に高度専門職としての審査についても申し出た上で、就労の在留資格(除、外交、公用[続きを読む]
2023年10月30日

就労ビザの申請について

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 就労ビザがあるから日本で就職できると誤解している人もいますが、日本で就職先が決まってから就労ビザを申請するのが正しい順序になります。 会社側と[続きを読む]
2023年10月28日

あぐらって長岡

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 長岡市の東にある『農の駅 あぐらって長岡』では、ふるさと体験や農業体験の機会を提供しています。私の父はあぐらってのヘビーユーザーで、枝豆🫛、ジ[続きを読む]
2023年10月27日

令和5年度行政書士試験

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 今年の行政書士試験は、11月12日(日)ですね。受験生の皆様、どうぞ体調管理に気を付けて、最後まであきらめず頑張ってください。 昨年R4年の試[続きを読む]
2023年10月26日

妻への感謝

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 先日は妻の誕生日でした。 安定した収入のあるサラリーマンを辞めて、私の夢であった行政書士としての開業を認め、応援してくれる妻に感謝です。 私た[続きを読む]
2023年10月23日

特定行政書士考査

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 昨日の日曜は午前中にキックボクシングの練習、午後は新潟市にある新潟県行政書士会館で行われた、特定行政書士の考査(試験)に行ってきました。長岡か[続きを読む]
2023年10月17日

成年後見 鑑定とは

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 成年後見制度の鑑定とは、裁判所ウェブサイトによると、下記の様に説明されています。 鑑定とは、本人に判断能力がどの程度あるかを医学的に判定するた[続きを読む]
2023年9月29日

コスモス成年後見サポートセンターの会員になりました。

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 令和5年10月1日付けで、コスモス成年後見サポートセンター(新潟支部)に入会することができました。「地域と人に寄り添い、喜びや悲しみを共有しな[続きを読む]
2023年9月14日

任意後見制度について

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 任意後見制度は、十分な判断能力があるうちに、将来、判断能力が不十分な状態になる場合に備えて、あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見受任者)に、[続きを読む]
2023年9月13日

婚姻要件具備証明書(独身証明書)

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 日本人が、外国人と結婚する際に必要な、婚姻要件具備証明書(独身証明書)について、ご説明します。 質問: 外国人女性と結婚することになり、婚姻要[続きを読む]
2023年9月12日

成年後見制度 補助について

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 今日は成年後見制度の、補助の類型についてのご説明です。 補助とは、本人が一人で重要な財産行為を適切に行えるか不安があるような、判断能力が不十分[続きを読む]
2023年9月11日

成年後見制度 保佐について

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 保佐とは、本人が日常的な買い物程度は一人でできるものの、精神上の障害(認知症、知的障害、精神障害など)により、金銭の貸借や不動産の売買等、重要[続きを読む]
2023年9月7日

成年後見制度とは

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 成年後見制度とは、ある人(以下「本人」)の判断能力が不十分な場合(認知症高齢者、知的障害者、精神障害者等)に、本人を法律的に保護し、支えるため[続きを読む]
2023年9月5日

n-assh(エヌアッシュ)の取材に参加しました

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 先週の8月31日(木)に、新潟日報長岡支社が発行をしているn-asshの取材に参加をさせてもらいました。記事掲載は9月28日(木)発行予定のn[続きを読む]
2023年8月31日

業際、業際問題とは何か

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 業際とは、各士業の業務範囲は法令に規定されていますが、そのさかい目のことを業際といいます。 業際問題とは、他士業者が、本来他の士業の業務である[続きを読む]
2023年8月23日

【帰化要件】帰化するための7つの要件

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 ①住所要件 継続して5年以上日本に居住していること(+3年以上就労していること) 又は、継続して10年以上日本に居住していること(+1年以上就[続きを読む]
2023年8月18日

エンディングノート

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 エンディングノートは、自分の人生の棚卸しであるとともに、自分の未来をどの様に生きたいかを整理できるアイテムです。 書いておくことで、貴方の病後[続きを読む]
2023年8月11日

民事訴訟における要件事実とは

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 民事裁判における「要件事実」とは、訴訟当事者が主張する請求や主張を支持するために、証拠を提出し証明する必要がある具体的な事実のことを指します。[続きを読む]
2023年8月9日

特定行政書士の法定研修を受講中です。

    こんにちは。新潟県長岡市の行政書士マロン法務事務所です。 2015年に施行された改正行政書士法により、特定行政書士制度が創設されました。 特定行政書士法定研修の課程を修了した行政書士が特定行政書士とな[続きを読む]
2023年8月8日

インド映画「RRR」を観てきました。

    昨晩は妻とT-JOY長岡にて、インド映画「RRR」を観てきました。RRRは、Rise(蜂起)、Roar(咆哮)、Revolt(反乱)の頭文字を取っています。 2022年10月21日から字幕版が全国公開[続きを読む]
2023年8月7日

長岡花火

    毎年8月2日と3日は、長岡花火大会です。この日程は曜日に関わらず固定されていて、今年23年は水木曜に開催され、来年24年は金土曜に開催されます。今年は私も会場で観覧をしました。圧巻のパフォーマンスでし[続きを読む]
2023年8月1日

遠くの土地を相続するには

    実家の親御さんが亡くなり、遠方にある土地を相続することになりました。土地の相続登記は、土地の所在する場所を管轄する法務局に行かなければならないのでしょうか。 調べてみました。 結論になりますが、現在は[続きを読む]
2023年7月27日

成年後見制度の利用現状と課題

    成年後見制度の現状 利用者数は潜在的な後見ニーズのわずか2% 2022年の時点で、成年後見制度を利用している人は約25万人で、本来判断能力が不十分とみられる人の総数:およそ1000万人の、わずか2%を[続きを読む]
2023年7月24日

人生学び 活到老学到老

    先週の7月21日(金)から22日(土)にかけて、フリーアナウンサーの伊勢みずほさんが主宰するバスツアーに参加をしてきました。埼玉県出身で9年前に新潟に移住をしてきた私は、もともと伊勢さんのことは知らな[続きを読む]
2023年7月20日

生きてるだけで丸儲け

    2023年は目標を3つ定めていました。目標は次の通りです。 ①起業する。 ②キックボクシングで2試合する。 ③伊勢みずほさんのバスツアーに参加する。 ①の起業は、昨年の行政書士試験に合格をしたので、事[続きを読む]
2023年7月18日

7/29 (土) 相続セミナー(無料)ご案内

    第9回:相続入門講座を開催致します(無料です)。 定員が8名様までとなります。 下記お電話番号、メール、LINEから、ご予約をお願いいたします。 ご参加お待ちしております。講座終了後の無料相談も可能で[続きを読む]
2023年7月14日

外国人ビザ 無料相談実施中です。

    就労ビザとは、外国人の方が日本で働くために必要なビザの総称になり、細かく見ていくと「技術・人文知識・国際業務」「企業内転勤」「経営・管理」など多くのものがあります。 当事務所ではそれら各就労系のビザを[続きを読む]
2023年7月14日

特定空き家とは

    空家等対策特別措置法は、社会問題である空き家を管理・処理するための法律で、特定空き家とは、その法律に該当する空き家です。そもそも「空き家」とは、居住その他の使用がなされていないことが常態である建築物の[続きを読む]
2023年7月13日

相続放棄すれば、不動産の管理責任から解放される?

    不動産を相続放棄をした後の義務、についての民法の規定が23年4月から変更になりました。 旧民法では、相続放棄をした場合でも、相続時に当該不動産を実際に管理していたか否かを問わず、相続人に管理責任があり[続きを読む]
2023年7月12日

凍結した預金口座の相続手続き

    まず、預金の名義人が亡くなると、原則として口座は凍結される、と言われています。原則は凍結されるのですが、それは、口座の名義人が亡くなったことを、金融機関が知った場合です。ですので、名義人が亡くなっても[続きを読む]
2023年7月11日

太りすぎと健康リスク

    私は昨年(2022年.令和4年)11月の行政書士試験を受験し、合格しました。受験まで、そして合格発表までの間、普段行っていた運動はお休みをしていました。行政書士試験は11月が試験で合格発表が1月なので[続きを読む]
2023年7月10日

「コミュニケーション大全」 鴨頭嘉人

    「コミュニケーション大全」を購入しました。著者は鴨頭嘉人さん、鴨ブックスから出版されています。 鴨頭嘉人さんは、一言で言うと「講演家」です。ご自身のマクドナルド時代の経験や、マクドナルド退職後起業して[続きを読む]
2023年7月10日

コスモスへの入会前研修を終了しました。

    「コスモス」の正式名称は、公益社団法人コスモス成年後見サポートセンターです。私が入会を予定しているのは、新潟県支部になります。コスモス新潟HP 6月に一か月間VODでの研修を受講し、先週土曜7/8に効[続きを読む]
2023年7月8日

認知症予防 脳トレ(脳力トレーニング)

    脳トレは、脳の認知能力や記憶力、問題解決能力を向上させるための活動やゲームのことを指します。私の80歳の父も、クロスワードパズルが大好きで、特にナンプレが好きなようです。新聞にたまに掲載されていると喜[続きを読む]
2023年7月8日

高齢化社会における社会問題

    マロン法務事務所は、これら社会問題に対して真摯に向き合い、少しでも社会のお役に立てるよう努めてまいります。 1.介護問題: 高齢者の数が増加すると、介護が必要な人々の数も増えます。しかし、介護施設やサ[続きを読む]
2023年7月5日

令和5年版「高齢社会白書」

    高齢社会白書とは、高齢社会対策基本法に基づき、政府が国会に提出している年次報告書で、高齢化の状況や政府が講じた高齢社会対策の実施の状況、また、高齢化の状況を考慮して講じようとする施策について明らかにし[続きを読む]
2023年7月4日

認知症基本法が成立

    2023年6月14日に、認知症の人が希望を持って暮らせるように国や自治体の取り組みを定めた「認知症基本法」が参議院本会議で全会一致で可決・成立しました。 2025年には、高齢者の5人に1人が認知症にな[続きを読む]